スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の抜け毛 薄毛対策サイト~脱毛症を考えるサイトトップ >抜け毛 薄毛の原因 >>抜け毛 薄毛の原因:ストレス

抜け毛 薄毛の原因:ストレス

ストレス抜け毛が増えるというのは良く耳にしますね。
では、ストレスでどうして抜け毛が増えるのでしょうか?

ストレスなどで緊張すると筋肉は収縮してしまい血管が細くなります。血管が細くなってしまうという事は、血行も悪くなりますね。そうすると全身に十分な栄養分を運ぶことができなくなります。
もちろん、毛根部にも栄養分が十分運ばれなくなることが考えられ、結果毛髪が育たなくなるといわれています。 育たなくなるという事は、抜け毛になってしまうという事です。
とてもつらいですね




スポンサードリンク


髪の毛は、頭部にただ生えているわけではありません。しっかり生きているのです。
ですから、栄養も必要です。
でも、ストレスがかかることで十分に育ってくれなくなるんですね。

髪の毛のサイクルは、成長期 退行期 休止期に分けることができます。

成長期とは、髪の毛の生え始めから、成長が終わるまでの期間で、男性では約2~5年、女性では約4~7年と言われています。

退行期(移行期ともいう)は成長期から休止期に移行するまでの期間でこれが約2~3週間。

休止期は毛根が退化してから脱毛するまでの期間約2~3ヶ月間です。

この成長期がストレスによって短くなってしまうと髪の毛が十分に育たないうちに抜け落ちたりして薄毛を引き起こしたりするのです。
円形脱毛などの場合は、特定の部分が固まって退行期に入ってしまった結果と言えるでしょう。

ということは、今現在感じているストレスが髪の毛に形として影響を及ぼすのは退行期から休止期の期間である3~4か月後という事になります。
逆の言い方をすれば、今現在突然の抜け毛で悩んでいる人は

3~4か月前に大きなストレスを受けた可能性がある

という事になるのです。

ストレスは本当に怖いです。髪の毛だけでなく全身に悪影響を及ぼします。
ストレスのなるべくかからない生活を心がけていきたいですね。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。