スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sco17.blog19.fc2.com/tb.php/18-65cd16f1

-件のトラックバック

びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症とは

頭全体の毛が抜けて薄くなります。特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。
中年以降の女性によく見られる薄毛の症状で、男性型脱毛症と同じで、休止期毛の割合が多くなり、その結果抜け毛が増え脱毛症と進んでいきます。

男性型脱毛症の場合は前頭部のヘアライン(生え際)が後退するのが特徴ですが、びまん性脱毛症の場合は頭皮全体の毛が抜けてくるので、脱毛部の境界がはっきりしないのが特徴です。


スポンサードリンク


びまん性脱毛症の原因には、老化 ・ストレス ・無理なダイエット ・経口避妊薬(ピル)の服用 ・過度のヘアケアなどが挙げられます。

老化が原因というのは、ある意味仕方がない事で、避けては通れません。

ストレスに関して言えば、現代の世の中で女性が男性と同じような立場で仕事をする機会も増え、男性並みにストレスを受けたりします。女性の場合は男性以上にストレスを受けやすいので、頭皮にもその影響が出やすいと言えるでしょう。
また、育児も今まで味わったことのないストレスを感じたりするものです。

ダイエットは女性ならば一度は経験のあることかもしれませんね。
ダイエット自体が悪いわけではありませんが、無理なダイエットは髪の毛の栄養不足にもつながります。頭皮も栄養失調状態になると成長期が短くなり、休止期が長くなる原因となり結果、びまん性脱毛症を引き起こすことになります。

また、女性ホルモンと頭髪は非常に密接な関係にあるので、経口避妊薬の服用でも髪の毛に変化が起きます。
経口避妊薬はプロゲステロンという女性ホルモンの一種で、これを一定期間内服した後で中止すると一時的に休止期毛が多くなり、時にびまん性脱毛を起こすと言われています。

そして、過度のヘアケアですが、女性は髪の毛を気にする方がほとんど。
常にきれいな髪の毛でありたいと思うばかりに、ヘアケアを過度に行ってしまう場合があります。
1日に何度もシャンプーをすると、大量の界面活性剤を頭皮に与えることにもなり、これは決して頭皮にいことではありません。

ムースやワックスのつけすぎは逆に頭皮を不潔にする原因にもなるのでこれもいけません。

こうしてみると、びまん性脱毛症の原因は努力次第で取り除くことが可能です。
びまん性脱毛症にならないために、日頃から注意が必要と言えますね
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://sco17.blog19.fc2.com/tb.php/18-65cd16f1

0件のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。