FC2ブログ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発毛剤と育毛剤の違い

抜け毛薄毛対策として、発毛剤育毛剤養毛剤などを使用する方は多いですね。
この、発毛剤・育毛剤・養毛剤ってそれぞれ名称が違いますが、中身の違いはどうなんでしょうか?このあたりをしっかり理解していかないと、自分に合った抜け毛・薄毛の対策はとれません。

この発毛剤育毛剤養毛剤の違いの前に、発毛と育毛の違いを説明します。

スポンサードリンク


まず、発毛とは 発毛とは、抜け毛によりハゲてしまったところに、再び髪が生えるようにすることを言います

これに対して、育毛とは、今現在生えている髪の毛を健康に保ち、抜け毛を防ぎ、太く強い髪にすることを言います。

発毛と育毛の意味はまったく異なるということです。
ですから、発毛剤と育毛剤も当然ながら期待できる効果が異なることになりますね。

発毛剤は髪の毛を発毛させることを目的にした薬剤ですん。発毛剤は処方箋がなければ手に入りません。残念ながら日本で発毛剤として認められているものはほとんどありません。
有名な発毛剤は、 大正製薬のリアップ(一般名:ミノキシジル)です。

育毛剤は脱毛を予防し、今生えている髪の毛を太く丈夫に育てる効果のあるものです。

養毛剤とは、育毛剤と同類で、今現在ある頭髪を保護し、脱毛を防止します。頭髪の成長を促進させます。

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いをしっかりと理解していないと数多くある薬剤から自分に合ったものを選ぶことはできないことになりますね。
自分にとって今どんなものが必要なのかをしっかりと認識して抜け毛・薄毛対策をしていきましょう
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。